tb

<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

くるぐる使い

くるぐる使い
大槻ケンヂ
★★★★
期待していなかったのにかなり面白かった。しかも好きな系統。読むまでタイトルが「ぐるぐる」使いだと思っていた。
まったくどうでもいいのだけどある短編で「春陽(ハルヒ)」という主人公がいて(男だけど)、しかも今有名なあのハルヒさんと多少能力が似ていらっしゃって、もしかしてコレが元なのかなあと思いながら読んでいた。
[PR]
by mmgr | 2008-01-29 00:24 | 読書感想文

さいぱん

・攻殻機動隊とかマトリックスとかああいう世界観の先駆けってなんだ?って話になってブレードランナーじゃない?映画の、原作小説が電気羊がなんやらかんやらってやつ。と言っても誰も知らなくてしょぼん。
それで今ネットしてておすすめの小説紹介みたいなスレのまとめを見ていたら偶然同じような話題が出ており、ニューロマンサーという小説が紹介されていた。
ウィキペディアを読んでみたところ、設定がまんまマトリックス。まんま攻殻。作者が外国人なのに、舞台が「千葉シティ」て。20年以上前の小説だけど超面白そうなので古本で見つけたら買おう。
それでウィキペディアに書いてあったのだけど、サイバーパンク(そういえばそういう名前だった)の先駆けはブレードランナーで、広める土壌となったのがニューロマンサーらしい。
ニューロマンサーって、NEWロマンサー?ロマンス?ださっ。などと思ったんだが、ニューロン+ネクロマンサーでニューロマンサーだそうだ。うわ超惹かれた。かっこいっ。
あと3部作中の3作目がモナリザオーバードライブってタイトルで、これもかっこいいなあ。
あああ、あと今知った、映画化だって、監督がジョセフカーンだって、あの色々なプロモとってる人。タイムリーだ。

・新しく買った携帯にぱそこんからデータを移そうとして四苦八苦。カードを直でパソコンに指したら何故かカードの中身がロックされてデータを上書きできなかったり、結局USBで直接つなげるコードを買ったんだけどmacからデータをコピーしたらjpegすら表示できなかったり。仕方がないから会社にデータをもって行ってwindowsからコピった。こういうのが機密情報流出の元になるんだろうなあと思った。
それで今日やっとitunesにあった音楽データをコピーできて再生も出来たんだけど何故かアラームや着信音には設定できなく、渋々データ形式を変えたら音質がものすごく悪く、げんなりした。明日から低音がものすごく音割れしているブロックパーティーのヘリコプターが目覚ましです。携帯はもうちょっと便利になれアホ。

・そうそう先日友人が足で車を運転、ハンドル操作していた。両手でたこ焼きのパックと箸持ちながら運転。こりゃ便利だ!と思って最近少し練習しています。
足で運転といっても腿でハンドルを微調整する程度なんだけど。でも両手が完璧フリーになるってのは素晴らしい。
[PR]
by mmgr | 2008-01-29 00:08 | 日記

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー
万城目学
★★★★
純粋に面白かった。ストレートで、単純、無駄なし。料理で言えば焼肉。
とても読みやすくて一気に読めた。
題名がわけがわからないけれど、わかるころには、ハマっている。
[PR]
by mmgr | 2008-01-23 23:28 | 読書感想文

なんぞ

・家でやることはネットと読書。
通勤途中の車内(自動車)でも小説を読むようになった。渋滞でチョロチョロ読めて逆に消化不良で読書欲が増す。会社でも隠れて何かしらを読んでいる。人生2度目くらいの読書ブームがきた。
振り返ってみて何を読んだかすら忘れるというのも悲しいことなので読書感想文を書く事にした。

・この世は数字と文字で出来ているんだなあと思った。

・携帯変えた。特に前の物に不満があったわけではないけれど迷惑メールが多いと一日50件くらい誇張なしに届くので対策とか出来るんすかーって店行って丁度前携帯変えてから2年経ってたからついでで変えた。ついでで2万円もかかっちまったちくしょう。
迷惑メール対策はドコモエーユーソフトバンク以外のメールを一切シャットダウンするという素晴らしく融通の利かない方法でかたがついた。まだ受信メール10件もねーよ。
パケット使い放題プランを試しにやってみた。1日で、ほとんど俺には意味ないなあと思った。よく考えたら一日のうちで俺がパソコン使えない時はそもそも携帯すら使えない。運転中とか風呂とか飯とか仕事中で上司が後ろにいる時とかそれくらいだ。
パケット料金だけかかる無料のモノを色々ダウンロードし尽くしたら解約しよう。

・そういえば今年に入ってアニメを2種類も全話みた。電脳コイルともやしもん。にこにことか中国のようつべのようなところとかで。今の時代はニートにとって天国ではないか。なりたくないけどニートになりたい。

・私は日本のドラマとか映画とか音楽とかそういう物が好きではないのだが
なんだろう、どこかダサイと思えてしまう、西洋コンプレックスなんだろうけど
自分の好きな物がそういうものになってしまうと複雑な気分だよなあと思った。
小説のネガティブハッピーチェーンソーエッヂはそこそこ面白かったなあ。
鹿男あをによしはまだ読んでないけどストックである。丁度今鴨川ホルモー読んでいる。
[PR]
by mmgr | 2008-01-23 01:53 | 日記

サウンドトラック

サウンドトラック
古川日出夫
★★★★
一言で言うと「村上龍のコインロッカーベイビーズみたい。」
実際に検索したら同意見多数。でも容赦なく面白い。
不満があるとすれば、主人公が二人いてその視点が交互するんだけど、そこにストレスを感じたのと(続きが気になる!)、やけに文章が長ったらしくて全然サクサク読めなかったのと、長いくせに(上、下で約計700ページ)結構色々中途半端で消化不良。
でもそれを補う面白さ!ヒツジコとかレニとかの設定やばい。素晴らしいよ。それだけで物語分けて作ってほしかった。
あとジャケットが田島昭宇なんだけど、下巻の表紙のヒツジコが不細工すぎて、田島少し嫌いになった。
[PR]
by mmgr | 2008-01-22 21:56 | 読書感想文

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女
森見登美彦
★★★★☆
この作品の素晴らしい点
1.タイトルが素晴らしい。惹かれた。
2.ジャケットが素晴らしい。惹かれた。
3.登場人物「黒髪の乙女」が素晴らしい。惹かれた。
要約すると「太陽の塔」に萌え要素を足した感じ。ゲヘヘへ、こんな萌え小説を、さも「文学」読んでるかのように振る舞えるなんて、素晴らしい世の中だ。
[PR]
by mmgr | 2008-01-22 21:43 | 読書感想文

SPEEDBOY!

SPEEDBOY!
舞城王太郎
★★★★
山ん中の獅見朋成雄の成雄と思われる人物が主人公のパラレルワールド小説(だと思う。)7つの短編で全てが共通の人物や似たような設定が出てくる。
「ランナー」っていう設定が大好き。これ漫画化とかアニメ化とかしないかなあ。
どうでも良いけどこの作品読むまで音速が時速340キロくらいだと思っていた。正しくは秒速340メートルくらい。約時速1200キロ。ぜんぜん違う。高校のころ習ったときは正しく認識していたのにいつの間にか勘違いして今まで生きてきた。ネテロ会長の正拳とか意外に遅いなあとか思ってた。あとマッハがほぼ音速っていうのも読んだ後ウィキペディア見て知った。無知は罪だ。
[PR]
by mmgr | 2008-01-22 21:37 | 読書感想文

陽気なギャングの日常と襲撃

陽気なギャングの日常と襲撃
伊坂幸太郎
★★☆
陽気なギャングが地球を回すの続編。前作のほうが面白かった。
どんでん返しとか伏線を全てつなげるとかはスゴいと思うけどこの人の作品にはあまり惹かれない。
冷静にツッコむとそれほど陽気でもないしそれほどギャングでもないし前作は別に地球を回していなかった。
[PR]
by mmgr | 2008-01-22 21:27 | 読書感想文

新訳走れメロス他四篇

新訳走れメロス他四篇
森見登美彦
★★★☆
森見登美彦によるリメイク作品。走れメロスしか読んだ事なかったけど、元ネタ知っていた方が面白かった。そういう意味では5分の1しか100%楽しめなかったのが悔やまれる。
各話に共通の人物が出てきてそういうのが好きなので好きだ。
[PR]
by mmgr | 2008-01-22 21:25 | 読書感想文

山ん中の獅見朋成雄

山ん中の獅見朋成雄
舞城王太郎
★★★☆
なんだかよくわからないけど不思議で面白い。
あらすじを頭でなぞってみて、何で面白いんだ?と思う。
[PR]
by mmgr | 2008-01-22 21:24 | 読書感想文