tb

<   2006年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

くろくろくろしろくろく

・夜景を見て
夜景の奇麗さとは
夜の暗さにより照明が奇麗に見えるという事で
昼だったら全然奇麗じゃないわけで
ギャップというか、黒の中の白ってことなんだなあって
だからさ、奇麗になるんじゃなくって、周りを暗くすればいいってことで
そんな事考えてしまって素直に感動できない自分が憎い

・「健康第一」ってことを
「言葉」ではなく「心」で理解したよプロシュート兄ぃ
健康とは完璧な肉体であり、魂の入れ物であり、精神の殻であり、人生であり、人間であり、神であり、ベースであり、地面であり、世界であり、宇宙であり、愛であり、万物だ。
[PR]
by mmgr | 2006-11-29 23:12 | 日記

パラド

幸福とは何かと考えると 幸福とは何かと考えなければ幸福だと分かり 幸福にはなれない
幸福とは何かと考えないと 幸福とは何かわからないので 幸福にはなれない
捕まえようと追うと逃げて捕まえられない
捕まえるのを諦めて追わないと近くに寄ってくるが捕まえられない
頭が悪いと自覚しているのは頭がいい?
よくわからないねむいおやすみ
[PR]
by mmgr | 2006-11-28 22:58 | 日記

映画のほうが美人

●イーオンフラックス
・ファッションモデルがアクションするSF映画。もしくはアクションのある未来っぽいファッションショー。
・ストーリーはふつうでアクションもたいした事ないけど世界が好き。そこまでおもしろいわけじゃないけどセンスが好き。アイランドとかアイロボットとかマトリックスとかマイノリティリポートとかそういうかんじ。今気づいたけどおれこういうSFが好きなのか。
・主人公色白で黒髪美人だなあと思って特典みたら健康的な肌色で金髪の主演女優が舞台挨拶していた。そりゃないよ。
[PR]
by mmgr | 2006-11-23 21:57 | 音楽/映画

派手なのか地味なのか

●M:i-3
・見て20分目の感想。「とりあえずおもしろい(まあこんなもんか)」
・見て70分目の感想。「まだおもしろい(予想外)」
・見終わった後の感想。「おもしろかった(なんかくやしい)」
・ベタな展開や派手なアクションが食傷気味だけど純粋に面白い。人生のベスト10とか一生思い出に残るとかは絶対にないけど地味に面白かった。
・2がつまらなかった気がしたんだけど全然覚えてないからもしかしたら今見たら面白いのかもしれない。だけど多分つまらない気がする。
・1カ所笑ったのが、数十秒全力疾走してるシーンが何故か笑えた。全力疾走してるよ!マジ走りだ!しかも長い!って。
[PR]
by mmgr | 2006-11-22 22:48 | 音楽/映画

ホワイトアメリカ〜

●チーム★アメリカ ワールドポリス
・サンダーバードのような人形劇で、監督がサウスパークの人です。それでこの題名。分かる人ならなんとなくストーリーが想像つくでしょうが、想像以上でした。予想以上の下らなさ、最高に下品なブラックコメディ。好きと嫌いが別れる作品だと思います。私は大好きです。
・アメリカのコメディの中でもジャックアスやセレブリティデスマッチが好きなら面白いと思うだろう。とりあえず今年ベスト5には入った。
・素手の戦闘シーン、ファックシーン、嘔吐シーンで爆笑。特に嘔吐はジャックハンマーを彷彿とさせます。マックシング。
・「パールハーバーは糞だ」という歌を歌っていて、逆にパールハーバー見たくなった。アメリカ人も糞だと思う映画なのか。
・黒猫のシーン最高。
・序盤でルーブルが爆発するのでダヴィンチコードと一緒にみるといいよ
・特典を見て思った事。
映画作りって天才ばかりが集まるんだなあと。セットが本当にスゴい。
・芸術で作られたうんこのような作品です。あるいはうんこで作られた芸術です。
[PR]
by mmgr | 2006-11-21 00:02 | 音楽/映画

ファックザシステム

・協調と解決。
あまりに問題が大きかったり多かったりするとそれを解決するのではなく
協調して生きて行く という手段もある ということが今読んだ短編に書いてあって
目から鱗、感銘を受けた、ブラックオアホワイトの俺の頭の上にグレーの天使が舞い降りた。

・こんにちは。
更新ばかりしているけど、暇じゃないんですよ。
先ほど、ブログ自動更新シミュレーターというものを見つけました。選択肢を選ぶと適当に文章を作ってくれるという、「更新したいけど面倒くさい」って人向けのものです。
試しにやってみたら、なんかどこかでみたことあるような、だけど当たり障りのないユーモアのあるブログっぽい文章が!・・・感激しました。
さて、いつもと文章のトーンが違うと思いますが、その文章を参考にして書いてみたのです。起承転結がきちんとついているとくだらない事しか書いていなくてもきちんとした文章に見えますね。
しかし、やはり私の肌には合いません。糞喰らえと思いました。
それでは。
[PR]
by mmgr | 2006-11-19 18:17 | 日記

をえ

●17歳のカルテ
・邦題が嫌でそんなに見たくないと思っていたけど見て見たら結構好き系だった。っていうかどこに17歳って設定出てきたんだ?そんなに17歳って強調することでもないだろうし。もう少し早く見ても良かった。
・カッコーの巣の上でに似ている。でも比べたらこっちのほうが好き。

●見た後で天才的な事を思いついた。
この映画のように精神病院が舞台のギャルゲーを作ったら売れるぜ!間違いない。
<コンセプト>
オタクの人は、いや、男は自分より弱い女の子が好きだというのがある(と思う、多分)。そこで「病弱」というジャンルをもっと開拓して深く掘り下げる。
<設定>
舞台は精神病院の病棟。一つ屋根の下というそういうアレにぴったりな設定。
主人公は先生か看護士。
<キャラクター>
この映画の様に精神的に弱いところがある人間ばかりだけど暗黙のアレで全員美少女。幻覚が見えたり自傷症だったり虚言症だったり拒食症だったり顔に火傷があったりしても美少女。
<システム>
好感度を上げて病気も治して無事退院させてその後付き合うなりエロるのがメイン目的。
しかし選択肢によっては病気が悪化する。最悪自殺する。
エロ目的なしで全員退院させるとか全員自殺させるとか幅広い自由度。
アイテムで頭の薬を使って女の子の精神をコントロール。これでプレーヤーの支配欲も満たされる。
他の患者の状態が良くなっていくと逆に精神的に不安定になったり突発的な奇行を行ったりして秩序が乱れて全員の病気が悪くなるとか。だから一人にかまいすぎるのもダメ。
・・・完璧だ。売れる。
ところで、俺ギャルゲーやったことないんだけど、これ成り立っているんだろうか。
[PR]
by mmgr | 2006-11-19 04:25 | 音楽/映画

もえ

●バックドラフト
・主人公がトムクルーズだと思ってたのに全然違った。なんでだ。
・見ててクリントイーストウッドが出てるなあと思って後で調べたら違う人だった。
・主人公が足長過ぎ。顔がもっと昔の映画の主人公みたいな顔だった。
・全体的に雰囲気がアメリカ丸出し。
・割と面白かった。よく出来た映画だなあと思った。名作だと思う。けどそこまで好きじゃない。
[PR]
by mmgr | 2006-11-19 03:31 | 音楽/映画

くそにー

別にPS3を買った訳ではないし買う気もないんだが、PS2のソフト200本がPS3と互換性に問題があるとかいうニュースがヤフーに載っていて、リンク飛んだらソニーのいいわけが書いてあってなんかそれがすげームカついた。以下転載。

「PSおよびPS2のソフトは8000〜9000ある。問題があるのはその一部のソフト。音が聞こえない程度であれば、我慢すれば遊べるので問題ないと思う人もいるだろう。ハードの進化による非互換の問題は他社(のゲーム機メーカー)を含めて業界として知られていること。当初から互換率は100%ではないと考えていた。PS2の時はゲームプレイの進行に支障をきたすソフトの一覧を公表したが、PS3では(不具合の)症状に併せて遊んでもらうことができるようにするため、それら(各ソフトの不具合状況)を細かく書いていくスタンスを取っている」としている。

客を馬鹿にしたような態度・・・仕様だから問題ないですとでも言いたげな・・・さすがソニー!
[PR]
by mmgr | 2006-11-14 01:44 | 日記

カルピス

●ダヴィンチコード
・2時間半くらいある微妙な長編なんだけど、長いと感じなかった。
といっても、面白くて長いと感じる暇がなかったというわけではなく、原作を読んだ人間にとっては内容が端折りすぎで薄っぺらく物足りなく感じてしまった、ということ。
原作を無理矢理薄めて映像化した感がいなめない。時間が長すぎると客に敬遠されると思って端折ったんだろうなあと思わざる得ない。
特に小説の売りである(というか小説で俺が面白いと感じた)、「うんちく」がほとんどなくなっていたりあっさりとした説明で終わっているのが残念。黄金比の話とかないし。
・小説のストーリーを早送りで見ているような気がした。
だから面白かったかどうかがわからない。小説のストーリーがこんなかんじだったなあと思い出しただけ。
いや、小説と比べると小説のほうが3倍くらいは面白いと思うので、つまらなかったのかな。
・役者のイメージが全然想像と違った。
・ウルトラバイオレットの予告編が最初に流れたんだが、マジで面白そうだった。弐瓶勉っぽい。マトリックスっぽい。
それがいちばんおもしろかった。
[PR]
by mmgr | 2006-11-13 18:18 | 音楽/映画