tb

カテゴリ:妄想/夢( 10 )

最近みたゆめ

・駅を降りたら芝生だらけの公園で
相撲大会に出るらしくて、嫌だったんだけど、まあいいかって気分になっていて
でも結局出ずに、芝生の山にのぼった
人がたくさんいて、これから何か始まるのか、みんな座って場所を確保していた
てっぺんまでのぼった、少し空気が薄いのか、呼吸が困難
芝生に寝転がると気持ちよかった
人がスゴく増えてきて
試しに前の人間を押してみたら雪崩のように人間が坂を転がり落ちて行って
愉快だった
調子に乗って何度もやったり、自分も巻き込まれたりした

・試験を受けなくては行けなかった。数学。
もう2年以上勉強してないのに受かる分けない!と思った。
ルートって何だ?Σってなんて読むんだ?と思ったりした。

・あと寝ぼけて今冬休みだと思って会社を休みそうになった。マジで。
起きなきゃ・・・でも冬休みだっけ今?・・・みたいなかんじで。
[PR]
by mmgr | 2006-12-09 18:01 | 妄想/夢

深夜の脳との会話ログ

神様神様神様がほしい。
背骨。柱。道。空気。宗教は人を強くするよね。
僕に必要なものは宗教だと思う。これさえあれば!全て上手く行くに違いない!
信仰という代償で素晴らしい人生を手に入れるに違いない。
とにかく信仰があれば死にたいとか思わなくなるに違いない。神様が欲しい。
でも・・・現存の宗教はみんな信じれそうにない。なんでみんな信じれるんだ?みんな頭がおかしい。世界の数十億人は、俺より追いつめられているのか?ってことは俺ってまとも?幸せ?やったー!

(思考)

あああああああ
神様じゃなくても良いな。生きてても良いな。
何かに仕えれば良いんだ。盲信。新興宗教!?死ね。

あああああああ
つまりそうか、他人のせいにするようなものか。
せいっていうか、自分以外のモノにたよるというか・・・
ってことは人間でなくてもいいんだ。
ああ、物の奴隷でもいいんだな。金を稼ぐ事を生き甲斐にしたり。
そうかそうかそうか

あああああああああああ
生き甲斐。生き甲斐。生き甲斐。生き甲斐。


ねえよ。


生き甲斐を探すのが生き甲斐?地獄じゃねーか。
バーベキューの串のようなものだよ。串がないバーベキューなんてバーベキューじゃないだろう。串がほしいいいい!!!これだ!って。心の底から思えるものを作らなくては。

素晴らしい人生を歩むにはそれ相応の代償が必要なんだな。それは努力だったりするんだろうな。仕事とか家族とかさ。信仰も努力も同じようなものか。何か一つに精力を注ぐってことか。

あ、できそうにない。

!!!!!つまり信仰ができるひとってのは努力が出来る人ってことなのか?だめじゃん!俺苦手じゃん!

<脳が疲れた、中断>

ボランティアもそういうものの1つか
「良い事をする教」みたいなかんじ?自己犠牲は心が清らかになる気がするもんな。
ああ、募金とか気持ちいいもんな。間接的に人を救ってる感。
!!!マゾ!マゾ教!自分に罰を与えれば幸せになれる!
ん、矛盾している気がする。

<疲れた、中断>

先に自分に罰を与えればこれから先罪を犯しても大丈夫かな?
大丈夫ってことにしておこう。そうすれば
「私は罰を受けたので多少の罪を犯しても大丈夫」って思えば
バリア貼ってるようなもんじゃん!すげえ!これはいい。バリアの貼り方わかっちゃったよ。
後だと罪に苦しむので先に罰を与える。完璧ではないか。
これってもしかしてリストカットの心理じゃないか?ダメな自分に罰を与えて救おうとする。。。ちょっと悟りを開いた。

<中断>

自らの意思で片足とか切り落としてみようか?
不便になるだろうが・・・肉体の5分の1くらい切り落としてる訳だから・・・15年くらいは悪い事やってもいいんじゃない?
(読み返したけどなんだこの狂った考え。)

<中断>

反発力でジャンプするんだから、、、沈まなくては飛べない訳か・・・
沈むには抵抗がかかって苦しい訳で・・・
あと飛んだ後は一気に落下するのですよね。

<中断>

あ。また悟った。
幸せの総量はかわらないんじゃないか。
んで、それを短期間で一気に味わえば、幸せを感じるんじゃないか。
例えば総量100で10日で10ずつ味わうと毎日特に幸せとは思わず。
だけど9日間0が続いて我慢して10日目で100!ハッピー!みたいな。
そうだそうだ、んで逆に自ら不幸になれば、マイナスになって、その分が次の日とのギャップで幸せを感じるんじゃないか?
-30の次の日に10でも差分の40を感じてハッピー!とか。
・・・あれ・・・でもそれだと・・・幸せを感じたら必ず不幸が訪れるってことか・・・あれあれ。。。

<中断>

眠い。寝る。
まとめ。
・いいことをしよう
・わるいことをしたら(する前に)自分に罰を与えよう
・幸せになるには自ら不幸に足を突っ込まなくてはいけない
なんだこのまとめ?善行と自己犠牲て。普通の宗教の教義みたいじゃん。結局そういうこと?

・・・結局そういうことでもいいんだけど、それを実施するための強制力が欲しいんだよな。
これだと俺教じゃん。神様俺じゃん。俺って神様だったのか。でも俺自分救えねえよ。誰か救ってくれよ。
人は自分を救うことができるのか?他人を救う事で救われる?だったら俺は欲深い聖人になるよ。
・・・あ、これ、コンスタンティンだ。
[PR]
by mmgr | 2006-12-07 02:28 | 妄想/夢

CHAOS

久々に混沌とした夢を見たのでメモる
b0043039_5242035.gif
・ベタベタのアニメの美少女のような顔をした体長30メートルくらいの肌色のアザラシ(ナメクジにも見える)が街を破壊しだす。街は石造りの中世ヨーロッパってかんじで中央に噴水がある広場がある。その街がペットで飼っている目のない首長ドラゴン(赤や青など)が町を守ろうとするが全く歯が立たない。アザラシが軽く手をはらっただけでドラゴンの首はブチっとちぎれてふき飛ぶ。街を縦横無尽に美少女アザラシがかけまわり石造りの建物は発泡スチロールみたいに簡単に吹っ飛んで人々は下敷きになったり一緒に吹き飛んだりする。どさくさにまぎれてミイラ男が人間を襲い出すがミイラ男もアザラシに踏みつぶされたり建物の下敷きになったりする。人間もミイラ男どころじゃなくてとにかく美少女アザラシから逃げ惑ってまさに混沌。

・山林の中に墓がある。地面は落ち葉のオレンジと茶色で、木々の間に所々ぽつぽつと石でできた墓がある。墓は、四角い石盤をそのままフタにしたような、真四角の井戸のような形をしている。それが山林に斜めに、地面から15センチくらい顔を出している。そのなかの一つの墓に「鍵」が刺さっている。きっちり刺さっているようで、ちょっとやそっとじゃ抜けそうにない。「鍵」を墓からひっぱりつつ、自分は会話をしている。
この鍵があれば次の扉が開くんだよな
ああそうだ
そういえばこのへんの墓ってあいつの墓があるだろ
あー、あの「大虐殺のXXX(忘れた)」の墓な
ちょっと怖くねえか
大丈夫、墓には見分け方があって墓石に「400」って書いてあるんだよ
二人して今「鍵」を抜こうとしている墓を見る。400。
ってこれじゃねーか!(会話しつつちょうど「鍵」が抜ける。やばい。)・・・ふせろ!
そういった途端「大虐殺のXXX」というゾンビだか魔法使いだか悪魔だかが復活した。
そいつはすごい魔力の持ち主で、その目で見ただけで生物を蒸発させて破裂させてしまう。見た目は昔の映画のドラキュラのような姿で、青白い顔で毛髪はなくて黒いマントを着ていて、目が赤く光ったと思うと辺りは血や炎で文字通り赤く染まった。自分はなんとか助かっていて、他の墓の陰にふせていた。会話をしていた相方が見えないが血がとびっているので無事ではなさそうだった。
「大虐殺のXXX」を封印するのにも「鍵」が必要だし、次の扉を開けるのにも「鍵」が必要だった。しかし、あわてて伏せたときに「鍵」を放りなげてしまった。
そこでおわり。
[PR]
by mmgr | 2006-11-01 22:58 | 妄想/夢

I hate myself and I want to die

久々にどん底にいる。4年ぶりだ。懐かしい。保留にして長生きしてよかった。やりたいことはだいたいできた。だけどやれなかったことはこれからももうやれないだろう。それについては絶望した。恐怖について考えた。ビビリじゃない人間は長生きしなさそうだけど私のようにビビリすぎる人間も長生きしないんだろう。頭じゃ分かっている。恐れている事は実際やってみれば全然思ったよりたいした事がない。まあこれで死んでもいいかって気になればなんでもできる。最近よく考えるのが明日死ぬとしたら今日何しようってことだけど何も思いつかない。多分日本人に生まれているってだけで世界的に見ればAランクなんだろうな。日々の繰り返しにも堪え難くなってきた。早起き、まずい飯、同じ苦痛の繰り返し。幸せだ。もったいない。誰か明確な答えを教えてほしい。何故生きなくては行けないのか。自ら命を絶つのは誇り高い事なのか。

病院に行こうと思う。
[PR]
by mmgr | 2006-10-15 23:21 | 妄想/夢

あうあう

学生服を着ていて
武器は鉄の定規をタオルでくるんだもの
右のポケットにはハンカチ、左のポケットにはカッターナイフ
黒いボスと白いボスがいる。白いボスは天使。
レベル1だとマシュマロに手足が生えたような奴だけど
レベル80くらいで羽が10くらい生えた白い土偶のような姿で
レベルマックスだと白い抱き枕のようなものにのった羽の生えていない土偶

ブルースリーが女の子の左脇腹に技をきめて、女の子は死んだ。生き返った。でも技が体を貫通して右肩に痣ができた。大丈夫痛くはないよ、と言っていたけど女の子は体に跡が残る事に絶望していて俺は空気読めと思った。
[PR]
by mmgr | 2006-08-27 14:24 | 妄想/夢

060417

夏で、日差しが熱く
どこかの店の前を通ったら、そこの店のおっさんが
フルーツを自分の目の前の地面あたりに投げてきて
フルーツは弧を描き
俺はそれを思わずキャッチしようとしたが
落ちて 拾った
どうやらただでもらえるらしかった
でっかい丸いマンゴーだった
店長はアジア系外国人で
よく日に焼けたガタイのいい体で、腹は出ているけど健康そうで
タンクトップがよく似合う
フルーツを投げてきたのはそういう客寄せらしく
俺も思惑通りその店を一通り回って
もう一つくだものをもっていこうとしたら
どうやらただでもらえるのは一つだけらしく
最初に持っていたマンゴーを取り上げられた
最初にもっていたもののほうが大きくておいしそうだった
マンゴーを両手で胸の前に持ち、店から出て、道路を横断した
日差しが熱くてマンゴーまで熱かった
そこは都会で
地下にアミューズメントパークだかショッピングモールだか公園だかがあった
旅行かなにかで来ていたのだと思う

/////

どこかのアジアの街のようなところで
全体的に薄暗いが
ろうそくだか 提灯だかで オレンジの光が奇麗な街で
道路というか床が網状で木で出来ていて
中にはアジアチックな悪魔のような人形が入っていた
[PR]
by mmgr | 2006-04-18 22:22 | 妄想/夢

くるま

事故ったかなんかで車の右前の部分がボコボコになって
ガソリンスタンドみたいなところで洗車機みたいなものに入れて
6:4くらいの割合で車を切断して
そこに同じ割合で切断したベンツをくっつけた
(正確に言うと左半分と右後ろちょっとが事故った車でのこりがベンツ)
右後ろに昔ぶつけた後があってうわまだのこってるよー、とおもった
でもそのあとブシャーって全体に液をかけたら車体が溶けて骨だけになってまたブシャーってかけたら新しい車体ができて塗装もなにもない鉄色の左右非対称の車になった
何色に塗ろうかなーとおもった
[PR]
by mmgr | 2005-05-18 22:12 | 妄想/夢

ゆびが

同期の人間三人で会社の金を横領したら上司にばれてくるまで拉致監禁されて
海沿いでおろされてああ殺されて沈められるのだろうと思って覚悟してたんだけど
殺されるかと思ったら
上司が「ペナルティな」と言って
三人のうちひとりが
柄の長い銀色のレンチみたいな形のペンチみたいなもので小指を切られて
ハイ次ぎおまえっていわれて俺の番で
ちょ、ちょ、ちょっとまってくださいね、といって、深呼吸して、覚悟して、右手小指出して、きられた。
最初刃物をあてがったとき痛くてでもその後は骨をゴキリと切断する感触はあったけど痛くはなかった。血がどばどば出た。
そんでコンビニとかにあるアイスの冷蔵庫があったので奇麗な氷を探したけどなかったのでしょうがなくカップのアイスで傷口を冷やして奇麗な氷と奇麗なハンカチを探しにデパートをさまよい歩いた。メロンアイスが血と混じってオレンジっぽい肌色になった。
起きて、ああ、小指あるな、とおもった。
[PR]
by mmgr | 2005-05-16 18:53 | 妄想/夢

妄想とアイディア

ミシェルゴンドリーが言っていた。アイディアは二つのものを組み合わせたものだとかなんとか。
ベンツのエンブレムの部分が人間の生首だったら、スターウォーズのT−3POみたいだよな。そうしたら多分アレが運転とかするんだ。ぶつかりそうになったら急ブレーキ。クラクションは生首が叫ぶ。停止線で止まっていると横断歩道の歩行者に話しかける。
あと風呂でアダルトビデオの未来について妄想していたら、人類滅亡という結論がでました。2つくらいルートがあったんだけど、どっちいってもだめだった。
[PR]
by mmgr | 2005-01-19 06:17 | 妄想/夢

ゆめ

・はつゆめ
数学の授業中にサッカーゴールのような太い鉄柱を使った公式をつかって問題をとくんだけど難しかった。サッカーゴールの鉄柱を二つ足すと、フロムエーのAのような記号になる。
・えいがみたいなゆめ
あるグループに属していて、別の敵のグループに襲われる。オチとしては自分のいたグループがわるもので、襲ってきたグループはいいひとたちで、自分を助けようとしてくれていたらしい。
起きた直後、なんてすばらしいアイディアだ、映画みたいだ、と思った。
・ダンスするゆめ
何かの大会で体育館でダンスを踊る。アナウンスで、「続いては○○高校のダンス部です、メンバーが少ないので全校生徒で踊ります」とかなんとかいっていた。実際踊りはさんざんで、みんなばらばらだった。踊ってるときに、そういえば練習してないもん踊れる分けないじゃないか、とおもった。
そのあとおれがボクシングの試合にでるらしかった。何故か俺は自信満々だった。
[PR]
by mmgr | 2005-01-12 18:04 | 妄想/夢