tb

ライクア

・昨年の末あたりからなぜか読書欲が物凄く、黙々と文章を貪る日々を過ごしている。尤も、それ以前から私を麻薬の様に虜にした麻雀に興じる日々の合間のことではあるが。麻雀の麻は麻薬の麻であると今更ながら気づいた。

・新年早々新書、古本あわせて約6000円分小説を買ってしまい、現在10冊程ストックがある。持て余している。これで一月は幸せが約束されているようなものだ。まさに幸せの買いだめである。

・会社では私にとっては甘美な、会社にとっては残酷な就業時間を過ごしている。ディスプレイの隅にファイルや書類で死角を作り、こそこそとそのスペースを使ってせっせとサボタージュに勤しんでいる。
フォルダに偽装したブラウザを使い森見登美彦のブログを読み、テキストエディタで青空文庫のドグラ・マグラを読む。生産性のカケラもない。就業時間中実質働いているのは2時間分もないだろう。

・森見登美彦の文章に影響されてみた。結構しっくりくる。
それはそうと「夜は短し歩けよ乙女」が面白すぎて氏の既刊の小説を全部買う勢いだ。ブログも読破する勢いだ。
夜は短し〜を現代の新語を用いて一言で言うならば「至高の萌え小説」である。おともだちパンチされたい。二足歩行ロボットのステップを見たい。
[PR]
by mmgr | 2008-01-11 05:14 | 日記