tb

原点回帰

・サブカルチャーを楽しむには
メインカルチャーを知る必要があるのかなあと思い始めて
要するに今活躍している人は昔活躍していた人に影響を受けているわけだから
歴史を学べば今をもっと楽しめるのかなあと
だから全然聴いたことのないストーンズやツェッペリンやジミヘンとかも聴いたほうが
今の洋楽をたのしめるのかなあと
もっと戻るとエルビスとかカントリーとか、
もっともっと戻るとクラシックとか何もかもか

・思ったんだが
歌舞伎とか能とか
ああいう伝統芸能って何百年も続いているけど
今の若者は全然興味ないじゃん
(知らんけど、俺の知人で好きな人は多分いない)
あれって100年後とか残っているのかな
それでそんなふうに
クラシック音楽もいつか
「本当に」誰も聞かなくなって
消え去る時代が来るのかな
っていうか歴史的に考えると
今われわれが(この表現キモいな)聴いている近代音楽
バンドみたいなものって
100年も歴史ないじゃん
しかも数年でブームが移り行く
なんともまあ脆い流行モノだな

・ああそうか
伝統芸能とそうでないものの違いっていうのは
そのスタイルを貫き通すか客に合わせるかっていうことか
仏像とフィギュアみたいな関係か
100年後でも仏像が好きな人はいるだろうけど
100年後に今のフィギュアが好きな人は(レアとかそういう意味を除いて)いないだろうな
ってことは伝統芸能は劣化しないように貫き通せば
ずっと生き残れるのか
それでブームになれば大もうけ
ならなくてもそれなりにファンはいると
ふむふむ

・Tシャツってなんか凄く複雑なものなんだよな
ファッションなんだけど
絵っていうかアートっていうかそういう部分もあるから
たとえば美しい絵をTシャツにして着てもそれはダサいこともあるし
自分の好きな色の組み合わせでも、着るのはためらう色だったりするし
自分という存在と自分の好きなものという存在を
ダブらせるものみたいな
とても精神的なものな気がする
奥が深すぎるだろ
あと
メッセージTシャツなんかそう
意味わかんないからかっこいいみたいなものあるよな
外人から見たらプギャーみたいな文字でも
色の組み合わせがよければかっこいいし
でも漢字や平仮名やカタカナが書かれたTシャツは
着れない人多いじゃん
っていうかこれ洋楽に通じるものがあるね
まさにこういうことだよな、英語がわからない人が洋楽聴く理由
ああすごい良いたとえに思えてきた
英語のメッセージTシャツ=英語の歌
グラフィックTシャツ=演奏
みたいなかんじだ
[PR]
by mmgr | 2009-06-19 09:27 | 日記